[TOP][基本操作] [関数] [お遊び] [マクロを登録][ユーザー定義表示形式][自作メニュー]


<1、基本操作編目次>

エクセルをもっと楽に、便利に使うために、役立ちそうなマクロを集めてみました。自分が使うために作ったものがほとんどです。
同じような細かいことを、結構繰り返しやっています。これをマクロにすると、楽ちん楽ちん!
(動作確認環境=Windows98,Excel97&2000)

mailto:マイニー・ヨシツネ

2011/8更新

1、基本操作編 は、 <基本操作編 その1> <基本操作編 その2> <基本操作編 その3> に分けています。左のリンクからも飛べますが、下の各マクロごとのリンクから、直接そのマクロに飛べます。

<<お気に入りのマクロをコピーして、エクセルのVBAモジュールにペーストしてください。あとは、メニューや、ツールボタンに登録してお使いください。>>



ブック切り替え  2つ以上のブックを開いている時アクティブになっているブックを切り替えます。3つ、4つとなってきたら、このマクロを登録ぢたぼたんをクリックして次々切り替えられ、楽ちんです。

メニューバーに日付  日付がメニューバーに常時表示されるので、日付に関わる仕事をしているとき、「今日は何日?」とあわてることがありません。

印刷1から3ページまで2枚ずつ  印刷ページ、枚数が決まっていることが多い場合、いちいち印刷ダイアログを出す面倒から、解放されます。
EasyPrint  上記の印刷マクロに使うプロシージャーです。

標準表示形式  セルの表示形式を標準に戻します。

表示形式日付  セルの表示形式を「1/22 (月)」型の日付にします。

test空白行非表示  下記の「F空白行非表示」関数を利用するテスト用のSubです。
  F空白行非表示  空白行を隠して、見やすくします。

test空白列非表示
  F空白列非表示  空白列を隠して、見やすくします。

データフォーム表示  組み込みのデータフォームを呼び出します。

本日更新ファイルを_曜日フォルダに保存  自動バックアップです。「あっ、間違えて、失敗を保存しちゃった!」というときでも、とりあえず昨日に戻れます。曜日毎ですと、6日前まで、戻れます。
  SaveUpdateFilesToBackupDir_fsobject  上記のバックアップ保存プロシージャーのための関数です。


選択範囲を値_書式_セル形コピー  値貼付、書式貼付、に加えて、セルの形までコピー・貼り付けしてしまいます。
  選択範囲を値_書式_セル形ペースト
選択範囲をコピーして新規ブックに値_書式ペースト  新規ブックに貼り付け、元データを残して、データを加工できます。


選択セル合計値をコピー  選択セルの値の合計をクリップボードに取り込みます。エクセルにも、テキストにも貼り付けることができます。

セルを結合して横標準_縦上_折り返し  選択セルを結合し、書式を横は標準・縦は上・折り返しとします。

折り返し表示_取り消し  セル書式を、折り返しにしたり、折り返しを取り消したりします。

ステータスバーONOFF  日頃は画面を狭くして邪魔なステータスバーを表示したり、隠したりします

丸みのある長方形新規作成  マクロボタンを作るときに便利ですよ

セル高さ幅をそろえる  選択したセルの高さ幅にワークシート全体を揃えます

セルの高さと幅を取替える  選択したセルの幅を高さに、高さを幅にします

正方形セル  選択したセルの幅に合わせてワークシート全体のセルを正方形に揃えます

コメントを表示非表示  コメントを、表示しない、マークだけ、表示、と切り替えます。

カスタムフィル  マウスによる面倒くさいフィルを簡単にします。特に広範囲のフィルの威力を発揮します。

シート名連続変更  選択されているシートから右のシートの名前を連続して変更できます。

A1_R1C1参照切替  セルアドレスの表示を「A1」方式と「(行)123...(列)123...」方式の切り替えをします。

シート保護_選択セル限定  enterキーでロックされていないセルだけを移動します。ただし、Excel2003ではシート保護のオプションでできるようになりました。

シート保護_保護解除切替  シートの保護、保護解除を切り替えます。

セルロックアンロック  移動セルを限定したり、セルを保護したりするときに便利です。

シート数を知る  アクティブなブックにシートがいくつあるか数えます。

セルの結合_解除  セルの結合・解除の切り替えを一発でします。

テキスト中央自動サイズ  テキストボックスを縦横中央揃え、自動サイズにします。

ブックを保存しないで閉じて開く  今までの作業をキャンセルし、ブックを最後の保存した状態に戻します。

ブックを保存しないで閉じる  保存したくないとき、ブックを閉じるのは、保存ダイアログがうっとうしく、結構面倒です。

ブックを保存して閉じる  保存して閉じるを一度でできます。

すべてのブックを保存してエクセルを終了する  ブックを複数開いているときでも、簡単に終わることができます。

強制終了  何も保存しないですぐエクセルを終了したいとき。

内細点外実線  選択範囲についてセルの枠を細い点線、外側を実線で囲みます。表の作成に便利。

ウィンドウ最小化  1つのブックで複数のウィンドウを開いている時便利です。1のウィンドウを最小化し、他のウィンドウは閉じます。

ウィンドウ最適化  エクセルの親ウィンドウにちょうど収まるサイズにします。ウィンドウのタイトルバーをつかめないときにも便利です。

ウィンドウを少し下げる  ウィンドウのタイトルバーをつかめないときに便利です。

セル移動方向切替  enterキーを押してセル入力を確定したら、次に選択されるセルは下か、右か。

ブック内全シートから検索  目的の文字列を、ブック内の(非表示でない)全シートから検索します。見つかったセルの文字に色を付けて分かりやすくします。これを別名で保存します。(元のブックは変更されません)

斜め参照  1行のセルを列に参照させる場合に使います。例えば、10行のA列からF列までに各列の合計を出すようにしていて、その合計結果を、G列の1行から6行までに表示させたい場合に使います。

画面拡大  ズームメニューのカスタマイズです。ちょっとずつ拡大したいときに。

画面縮小  ちょっとずつ縮小したいときに。

カレントディレクトリ戻す  いつも使うフォルダとは違うフォルダからファイルを開いた時に、ファイルの履歴がゴチャゴチャするのを、元に戻せます

シート目次作成  ワークシートが多くなりすぎて、移動に不便になったとき、目次シートを冒頭に作ります。ワークシート名のセルが、そのワークシートにリンクしています。



トップページへ戻る