電子温灸(きゅう)器 フレッシャー

フレッシャーは大変な優れものだと思いますが、残念なことに世間にあまり知られていないようです。紹介するためのサイトを立ち上げることにしました。
「フレッシャー」というのは、「家庭医学協会」が販売している電子温灸器のことです。 金メッキした金属ローラーを適温に暖めて、コロコロ転がして、お灸のような働きをさせます。煙が出ないで火傷をしないお灸と、美容のためのローラーを一体化させたような感じの、画期的な器具です。
これを、肝臓、腎臓、脾臓、丹心、足心という基本の5カ所に転がして(かけて)やると、自然治癒力(自然良能)を高め、いろいろな病気の根本治療につながってゆく、というものです。

画期的で、古典的なスタンダード

そういう画期的な器具なのですが、この度私が、約20年ぶりに再購入したところ、そのデザインがほとんど変わっていないという、古典的なスタンダードなのです。
(追加購入のため。故障は今までありません。ただ、先端のカバーが外れてしまい、接着剤でくっつけたことがあり)
使用説明書ともいえる「温熱刺激治効理論」の初版発行が1966年ですから、40年の歴史を持つ古典です。 使い方は大変簡単です。上記基本の5カ所以外に、特に慢性的な痛み、こり、冷え、緊張のあるところにかけてやります。
温度は、始めは低温で、慣れてくると自分にほど良い温度が決まってきます。お灸の働きを期待するわけですから、ぬるいというより、ほんの少し暖かすぎるくらいが良いように思います。

美容のための暖かローラーとして

慣れてきたら、顔にもかけると、顔の疲れや、疲れ目にも良いようです。(疲れって、体より、まず顔に来ると思いませんか?)
熱すぎたり、気持ち良くなってそのまま寝込んでしまったりすると、やけどの危険もありますから、注意してください。
コロコロ転がすものなので、使い始めに、またその後もちょくちょく回転軸に油を差してください。肌に接するものなので、油は天ぷら油、オリーブ油がよく、スポイドなどで一滴たらすようにしてください。余分の油はティッシュなどで拭き取ります。また、白色ワセリンも刺激が少なく、なおかつ酸化しにくいのでよいと思います。ローラーが温かいとき、爪楊枝で軸の根元につけた後、ローラーを転がします。
フレッシャーを購入した際に付いていたパンフレットを、紹介しておきます。 私の考えと家庭医学協会の主張が同じものとは考えないでください。私の思い違いや、家庭医学協会の主張とは異なる趣旨の紹介文もあると思いますが、それはすべて私の責任です。ご注意ください。

本サイトの管理人 古川優

ようこそ  人目のお客様

(2006年6月開設)

seadragon