メモ魔帳



コピー、貼り付け作業の繰り返しの手間を省きます


テキストのコピー、貼り付け作業の繰り返しの手間を省きます。(テキスト以外のコピーはできません)

コピー履歴をリスト表示


テキストをコピーした履歴を「クリップボード履歴」にリスト表示します。

クリックでクリップボードにコピー


その内からお目当てのものをクリックすると、それが再びクリップボードにコピーされますので、他のアプリケーションで貼り付けに使うことができます。(アプリケーションによっては、テキスト形式の貼り付けでないとうまくいかない場合もあります)

1秒に1度のペースでクリップボードをチェックして、「クリップボード履歴」にどんどん付け加えていきます。(この時間をミリ秒単位で設定できます-「クリップ設定」メニュー)

重複もかまわず付け加えていきます。しかし、時々(30分に1度)重複を整理します。右クリックメニューで整理することもできます。項目を選択してDeleteキーで1項目だけ削除することもできます。

「クリップボード履歴」に残される項目数は100項目としていますが、増減することもできます。(「クリップ設定」メニュー)最大約32000項目まで可能みたいですが、そこまで増やして実際うまく使えるのかどうか。

1項目のサイズは32KB(英文字も2バイトとして計算)までです。クリップボードの文字数が32KBを超えると末尾をカットするか、それとも無視してやり過ごすかを設定できます。(「クリップ設定」メニュー)
「クリップボード履歴」の各項目について編集し直すことができます。

「メモ蔵」でさらに便利---タブでメモを分類


「クリップボード履歴」はメモ魔帳を終了すると消去されます。よく使うテキストは、「メモ蔵」に保存します。

「メモ蔵」には複数のタブを追加し、名前を付けることができます。

「クリップボード履歴」から「メモ蔵」にデータを移すことができます。

目当てのタブを選択し、「クリップボード履歴」のリストをダブルクリックすると、その項目が「メモ蔵」に追加されます。

タブをドラッグして、移動することもできます。

「メモ蔵」からお目当てのものをクリックすると、それがクリップボードにコピーされます。他のアプリケーションで貼り付けに使うことができます。または、ダブルクリックすると、「クリップボード履歴」に移ります。

「メモ蔵」の各項目について編集可能


「メモ蔵」の各項目について編集し直すことができます。「メモ蔵」のリストをクリックして選択した後、右クリックで「項目の編集」を選択してください。

編集ウィンドウから「クリップボード履歴」や、「メモ蔵」にドラッグアンドドロップすることもできます。

「メモ蔵」を別名でファイルに書き出し


ウィンドウのタイトルは「メモ蔵」のファイル名です。
「メモ蔵」を別名でファイルに書き出せます。(.datまたは.txtとして)分野別に複数の名前で保存すれば、ファイル+タブによって多様なメモ蔵を利用できるようになります。

クリップボード履歴をファイルに書き出し


終了時、クリップボード履歴を自動的に日付名.txtで保存します。クリップボード履歴の右クリックメニューで「ファイルから読み込む」を選択し、過去の履歴をそのまま活用することができます。



ウィンドウも使い勝手良く


メモ魔帳のウィンドウを常に最前面に置くかどうかを、好みに合わせて、設定できます。

「クリップボード履歴」だけのハーフサイズにするには、上部中央の「本-開閉」マークをクリックしてください。

最小化して、邪魔にならないようにしたい時もありますね。その際は上部左の最小化マークをクリックしてください。


右クリックメニュー


メニューは各部分を右クリックすることで出てきます。4種類あります。(上図参照)

○修正の履歴--------


・ダブルクォーテーション(")を含む文字列では「メモ蔵」が尻切れになってしまうのを修正しました。
・「クリップボード履歴」「メモ蔵」が256文字しか保存できないのを、32KB(16000文字)まで保存できるようにしました。
・「クリップ設定」メニューを付け加えました。
・「クリップボード履歴」リストのチラツキを修正しました。(2004/5/31)
・タブが増えるとうまく表示されなくなるのを修正しました。(2004/7/12)
・「クリップボード履歴」の「リストを整理」の動きを整理しました。(2004/8/18)
・タスクバーに常駐するようにしました。タスクバーのアイコンをクリックするとウィンドウが開きます。(2004/10/11)
・Windowsのバージョンが変わると、マウスにうまく反応してくれなくなるバグを直しました。。(2011/8)

おまけ

左丸ボタンでクリップボードをクリアすることができます。クリップボードにファイルやオブジェクトなどいろいろなものがくっついて、メモリ不足のエラーなどを防ぐことができます。いわばメモリークリーナー。
終了時にクリップボードをクリアするように設定することができます。(「設定」メニュー)


●開発環境------------------
Visual Basic 6.0
Windows 98 Second Edition 4.10、から、Windows Vista Home Basic

●動作確認------------------
Windows Vista Home Basic

●インストールの仕方--------
古いメモ魔帳がある場合は、コントロールパネル「アプリケーションの追加と削除」で一旦削除してください。
解凍した後、memomaフォルダーを開くと、setup.exeがあります。このsetup.exeをダブルクリックし、手順に従ってインストールしてください。

メモ魔帳のダウンロード


memoma.zip(サイズ3.98MB)VBランタイム付きの完全版)のダウンロード