ヒザ下のむくみが、ターザン体操「枝つかみ」で1晩で治ってしまった

健康

ヒザ下のむくみ(特に、スネ、足首)に気がついたのは、10年くらい前です。ストレッチ、マッサージ、カーフレイズ(かかと上げ)、タオルギャザー(足指でタオルつかみ)、竹踏み、世に言われているものは全て試してみたつもりですが、なかなか改善しませんでした。

ヒザ下は低反発マットレスだった

朝一番からスネは、低反発マットレスのように、押せば凹み、なかなか戻りません。

それが、ある日、寝る前に、敷布団の上で、フラットベンチ(ウエイトトレーニング用の平べったい、普通のベンチ)に足を載せて、

木の枝をつかむように、足裏を縮める動作を繰り返しました。そうしたら、翌朝、むくみはなくなっていたのです。

10年の悩みが1晩で解決したのです。(夕方にはまた少しむくんでいましたが、今までとは比べ物になりません)

仕事柄、ヒザ下のむくみに悩んでいる方は多いと思います。ぜひ、この枝つかみ=足裏ターザン体操を試してほしいと思います。

その前に、足をベンチに載せて寝た

実は、その1週間くらい前から、布団の足の方にウエイトトレーニング用のフラットベンチを差し渡し、ベンチに足を載せて寝るようにしていました。ふくらはぎや、アキレス腱あたりを、ブラブラ揺すって、マッサージするようにしたり。

この低反発マットレス状態のスネが、何とかならないかと、試行錯誤していたのです。

足のむくみは、リンパの流れが悪くて、足を上げて寝ると良い、という話があるので、いっそ高めが良いかと、ベンチを使いました。暑苦しい夏の夜、こんなことをしていても、寒いということはありません。そしたら、ふくらはぎのコリがましになるし、むくみも少し改善してきました。

しかし、少しましになったとは言え、スネは朝一から、やはり低反発マットレスなのです。

足裏ターザン体操=足で枝をつかむように、足裏を絞る

でも、少しは改善したということは、やはり、リンパの流れの問題らしい、と絞られてきました。

ふくらはぎではなく、根本は足裏ではないか、とひらめくものがありました。リンパが降りて、再び立ち上がる、その折り返し点(足裏)の所で、リンパの流れが滞っているのではなかろうか、と。

ここからが、私の独自な考えになるのですが、血行を良くするには、マッサージよりむしろ、そこの筋肉を使うことが効果的だということです。実際、首、腰、脚など、ストレッチではなかなか治らなかったコリが、ウエイトトレーニングによって治ったという経験が、何回もあります。

筋肉が、ぐっと縮んだり、緩んだりするポンプ運動が、血行を良くしてくれるのです。使い過ぎも筋肉を傷めて、コリの元ですが、使わなさ過ぎも血行不良、コリの元なのです。

思えば、確かに、足裏をぐうっと絞り込むような運動は、なかなかやりません。少し試してみると、筋肉がつるような感じがします。こむら返りと言えば、ふくらはぎですが、そういう感じが、足裏でするのです。この足裏のこむら返りを避けながら、ちょっとずつやったら、その翌朝、何と! スネは低反発マットレスではなく、ぺったんこになっていたのです。

ヒザ下と足首が、本当はこんなに細かったのか、と驚きです。うれしくて、少し情けなくて。

足先の力の方向

赤い矢印が、力を加える感覚です。指からかかとで物をつかんで、こちらに引き寄せるように、思い切り絞り込む(下に押し込む)感じです。かかとは手前に引かない、というやり方もありそうですが、指だけみたいで、物足りない感じです。指には効いていますが、足裏には効いていません。かかとを含めて、ぐうっと絞り込むと、足裏にこむら返りが来そうになります。

土踏まずの縦アーチに効いている

土踏まずの縦アーチ
「O脚は治る!」より

とりわけ、上図の土踏まずの縦アーチの筋肉が働いて、ここに一番効いています。こむら返りはここで起きそうになっているのです。その前に力を緩めて、今度は足の甲をスネの方に軽く引き上げます。これで、足裏の筋肉が柔軟性を回復して、また強くなるのです。

カーフレイズ、タオルギャザーも、これほど土踏まずの縦アーチには働きませんでした。

実際にこむら返りが来てしまうと、ふくらはぎのように、長い間続いて涙が出るほど、ではありませんが、やはり、かなり痛いので、避けるほうが無難です。

初期人類は、足で木の枝をつかんでいた

人類と類人猿の共通祖先はもちろん、人類の初期の段階では、まだ足裏で枝をつかむことができていたらしいです。歩いたり、走ったりだけでは、かつて枝をつかんでいたが、今は退化中の足裏の筋肉が、使われきっていないのです。そのため、血液やリンパの流れが悪くなるのでしょう。

もちろん、どうしたって枝をつかむことなんてできないのですが、その真似をするだけで、血液やリンパの流れが改善してくるように思います。

足裏で枝つかみ
ぐうっとつかんで・・・

足で木の枝をググッと・・・、ターザンですね。アーア・アーーーー! この枝つかみ体操を、足裏ターザン体操と名付けることにしました。

ターザンは枝をつかむ
ディズニー ターザン Tarzan 1992年公開 より

足裏の筋肉は、O脚改善など健康に重要な役割

笠原巖さんの「O脚は治る!」によりますと、足裏の筋肉は大変重要なものだそうです。(ちなみにこの本を6年前に買った私のO脚は未だに治っておりませんが、本自体は何かと参考にしております)

足裏の不安定とO脚は、静脈瘤や肉離れをひき起こす

足裏のバランスを整えて「ねじれ歩行」と改善する

足裏の不安定とO脚は、股関節の変形や痛みもひき起こす

足裏の異常とO脚が、自律神経の失調状態をひき起こしている

生理痛、便秘、下痢、冷え性も、足裏の異常とO脚が隠れた原因

「O脚は治る!」より

などなどです。この本には足裏ターザン体操は出ていませんが、足裏ターザン体操で、足裏の柔軟性を高め、筋肉を強化することは、足裏を安定化させるためにも役に立つことだと思います。

「O脚は治る!」より

とか、

足裏の不安定がねじれ歩行につながる
「O脚は治る!」より

とか、なるほどですよね。

足裏ターザン体操で、足のむくみ解消だけでなく、O脚改善にもつながってほしいものですね。

足裏には大事な筋肉がある

足裏の筋肉は、下図のようになっているそうです。足裏を覗くことは、日常生活では、なかなかありません。地球と体の接点でありながら、忘れられがちです。歩く、走る、立つ、以外にも元々の働き「つかむ」をやらせて、蘇らせてやりたいですね。

足裏の筋肉
Tarzan ランナーを悩ます「足底腱(筋)膜炎」の原因は?【コンディショニングのひみつ㉑】より

この足裏の筋肉が、力を入れたり、緩めたりの足裏ターザン体操で、蘇ってくるように思います。その結果、筋肉のポンプ運動がうまくできるようになり、血流が改善し、リンパもよく流れるようになり、むくみが無くなるのです。多分。

足裏よ、蘇れ! アーア・アーーーー!

逆ターザン体操と交互にやると、もっと良い

ターザン体操と合わせて、逆ターザン体操=つま先を引き上げるようにすると、スネ側の筋肉が使われます。交互にやると、さらに効果的みたいです。

逆ターザン体操

2週間続けた結果、筋肉がつらなくなった

最初は、筋肉のつり、こむら返りにビクビクしながらやっていたのですが、開始して2週間後、筋肉がつるということがなくなりました。いつまでも続けられる、ということではなくて、筋肉が疲れて「やめよう」となるのですが、それだけです。こむら返りにビクビクすることがなくなって、安心してやれます。

筋肉が柔らかくなってきた、ということだと思います。むくみも、さらに改善してきました。10年来の悩みが、こういうことになるとは、全くの驚きです。

こういう、何でもないことが、健康や、病気の予防になる、ということが他にもあるような気がして、探究心をくすぐられます。

足裏筋をパイプ踏みでマッサージ

足裏ターザン体操を始めた後で、パイプ踏み(青竹踏みを塩ビパイプでやる)を再開すると、以前とは違いました。以前は、パイプ踏みをやると、指の方だけで「イテテ」となって、指よりかかと側は、何ともなかった気がします。しかし、今やってみると、上図の足底筋の部分が、痛気持ちいいのです。

足裏ターザン体操で足裏が蘇ってきた、ということみたいです。むしろ、指の方は、何ともありません。不思議です。足裏ターザン体操で足指のコリは取れてしまったみたいです。(あるいは、他の理由で既に改善していた?)

パイプ踏みのことですが、青竹踏みは、よく聞かれることと思いますが、パイプ踏みはもっと良いのです。(色々な青竹が簡単に手を入るケースは除きまず) 何かにつかまって(ぶら下がり器は最高)、足裏をパイプに乗せて前後に動かし、コロコロすると、踏むより効果が上がるというか、やりやすいのです。太さによって刺激を変えることもできます。細め(私は直径4cmのものを使っています)のものだと、足底筋によく効いています。また、拭いたり、洗ったり、すぐきれいにできます。

パイプ踏み

足裏ターザン体操とパイプ踏みは、もしかすると、むくみ対策に最強の組み合わせかもしれません。

そばにすぐ掴まる所がある場所で、パイプに乗って、手放しすると、バランス能力を養うことにもなります。パイプ1本、侮れません。

足底横アーチに効く パイプ縦置き踏み

(この段落は、2022/9/6追記)

このパイプを縦置きして、その上に乗ると、小指球と母指球の間の横アーチが、マッサージされます。しかも、強力に! 下図の、黄色点線は足裏のイメージで、ここらが強力にゴリゴリされます。左右の足を、交互に前後すると、さらに良いですよ。

足底横アーチマッサージ

ここのコリが取れると、むくみはさらに改善するかと、思います。パイプ1本、すごいです。

ベンチの端で、ふくらはぎをマッサージ

ターザン体操の合間(力を緩める時)に、足をブラブラ揺する時、ベンチの端にふくらはぎを当てて、グリグリ揉んでやると、ふくらはぎのコリも取れてきます。一石二鳥です。

ふくらはぎのマッサージというのは、足の裏側にあるだけに、やりにくいものですが、こんなに簡単にマッサージできる、というのも、うれしいおまけです。

根深いむくみも徐々になくなってきた(2022/9/9)

ヒザ下のむくみは、ターザン体操で大体は治ったのですが、それでも夕方とか、念入りにマッサージするとかの時、まだまだ残っている根深いむくみに気がつきます。ターザン体操を始めて1月になりますが、これも、だんだん無くなってきています。今後の変化が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました