植木鉢のジンチョウゲ-水浴法で挿し木(後編)

水浴法挿し木

2022/6/1にジンチョウゲの枝をもらってきて、水に浸けておきました。それが、ついに切り口からしっかりした根を出してきたので、土に植えました。

「水浴法(水差し)で挿し木(前編)」の続きです。これからは、ジンチョウゲに限定して、植えたの後を記録しておきたいと思います。

コップから植木鉢に

コップの中で、7/18です。根が、白いというより、茶色くなっています。根が明るい所にあるためですかね? 次は、陶器の花瓶などに入れた方が良いですかね?

7/18

植木鉢といっても、小さなプラ鉢です。穴を掘って、根から少し上まで埋めました。根の回りに土がよく届くようにと、回りの土を軽く押さえました。

7/18

まだしばらくは、室内で養生です。室内といっても、根は少しだし、上部が結構大きいので、倒れないように、副え木をしておきました。

手前の葉を半分に切っているのは、ここをアブラムシに吸われて、ダメになっていたからです。ゼンターリのおかげで、その後は大丈夫です。挿し木は、虫対策が最重要事項みたいですね。

8/5 順調、しかし、外見に変化なし

ジンチョウゲは、そういうもので、今から冬にかけては、うまくいっていても、花芽がふくらんでいくだけで、枝の新芽などは、春にならないと出てこないようです。挿し木をした側としては、今年は、花など考えないで、枝葉を伸ばしてほしい、と思いますが、ジンチョウゲにとっては、そうはいかないようです。

副え木は外しました。外は暑さがまだこれからなので、室内に置いています。外に出すのは、彼岸過ぎかなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました