植木鉢のバラ-水浴法で挿し木(後編)

水浴法挿し木

2022/6/13、バラの枝をガラスコップの中の水に浸けました。それを3期に分けて、土に植えました。この記事は、植えた後の様子です。土は、普通の土です。ガラスコップの中でのことは、前編をご覧ください。

下の写真は、6/21に、切り口に根のでき始めのコブが、少しだけのぞいて来た時に、試しに植えたものです。(結果的には、これでいける、ということでした)

右端の葉のない枝は、早めに枯れてしまいました。葉がないとダメなようです。実は、この枝にはツボミが付いていて、しかも、しおれてしまったので、切って水に差したものです。もっと長く、水に差したままだったらどうか、微妙だと思いますが。もう検証できませんが。

7/2 1本を補植

枯れてしまったものの代わりに、1本補植しました。

出始めた根が傷まないように、十分大きな穴を開けて、枝を挿し、土で埋めます。枝の回りを少し押さえておくと、倒れにくくなりますし、根の回りに土がしっかり来るので、水を吸いやすくもなります。

7/21 残りの1本を植えました

比較用に、1本を水に差したままで残し、他は(といっても残りの1本だけ)植えました。

6/21の写真とくらべて見ると、アブラムシのために葉がかなりやられていることが、分かります。(同じ位置からの写真です) これでも、ゼンターリのおかげで、これで収まっているのです。

左上が7/2に植えたもの、右下が最後、7/21に植えたものです。(右上、左下は6/21のものです)

左下のものは、小さな新芽が出てきています。他は、まだまだです。悪い虫にやられないで、無事に成長できますよう、祈る毎日です。

8/6 植え替え

7/2に植えたものが、元が黒くなって、枯れてしまいました。

土が悪いのかと、残りの3本を掘り起こしました。(悪いんですよ、私は、せっかちで、良くないと思いながら、こういうことを辛抱できずにやってしまいます)

以前に(6/21)に植えたものの残りの2本からは、しっかり根が伸びていました。後の(7/21)ものは、まだコブがふくらんでいる状態です。

結局、水浴させて、コブが出てきたら、早めに植えた方が良かったみたいです。特に、水浴液に液肥(薄めたとは言え)を加えたのが、良くなかったと、反省しています。枯れた1本はそのためと思います。

プランターには、土(バーミキュライト)を足して、植え直しました。

真ん中と左の2本が6/21植えのもの、右が7/21植えのものです。

根が弱いと、葉色も薄いです。こういう時に、肥料不足かと考えて、肥料を入れてしまうと、枯れるので、辛抱です。

抜いてごめんね。機嫌を悪くしないで、元気に大きくなってね。

なお、比較用に、1本を水に差したままで残したものも、枯れてしまいました。これも、液肥のせいだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました