アルカリ洗濯で部屋干し臭なし! すっきり清潔ライフ

洗濯

アルカリ洗濯とは何でしょう? 重曹を使う? セスキ炭酸ナトリウムを使う? 炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)を使う? 水酸化ナトリウムを使う? 「アルカリ洗濯が有効か?」と考える場合、この4種類のものは、全く異なるものだ、ということをまず、理解する必要があります。

炭酸ナトリウムでの洗濯で、十分満足している立場で、アルカリ洗濯、石けん洗濯を考え直してみたいと思います。

合成洗剤の洗剤残りが嫌になって、アルカリ洗濯を開始

まず、説明が必要だと思うのは、アルカリ洗濯をなぜ始めたか、ということです。それは。忘れもしない、2019年『アタック ZERO(ゼロ)』が販売開始された年です。その臭さに参ってしまって、あれこれ試行錯誤、悩みに悩んで、結局分かったことは、

  • 合成洗剤はいくらすすいでも、取れない、すすぎ残りがかなりある
  • すすぎ残りのせいで、香料と共に洗剤自体の臭いが残る
  • すすぎ残りが部屋干し臭などの元となっている
  • 衣替えの時に、色や臭いでガッカリすることになるのも、そのすすぎ残りのせいである

ということです。
洗剤を減らしてよくすすげば、洗剤残りが減るというわけでもなく、一定量の洗剤は、布に付着して取れないのです。加温しない洗濯であれば、まず、繊維1gあたり洗剤0.2mg(500gの衣服では、0.1g)くらいは、いくらすすいでも残るというデータがあるのです。

この合成洗剤の問題については、当研究所別館の記事 「洗濯に合成洗剤は不要」 をお読みください。(この記事とかなり重複するところがありますが)

少し調べてみると、アルカリ洗濯はあまりパッとしないもののようでしたが、とにかく、合成洗剤以外の選択肢としてアルカリ洗濯を始めたのでした。その結果、アルカリ洗濯への自信が確定したのです。

重曹、セスキ炭酸ナトリウムでの洗濯機洗濯はアルカリではない

この記事を書き始めたきっかけは、次のページを読んだことにあります。

アルカリ助剤を使った洗濯は効果あるの?

この「石けんライフ」のサイトは、真面目さを疑いませんし、役に立つページばかりですが、これに限っては、少しずれているのでは? と思わざるをえませんでした。でも、おかげで、アルカリ洗濯について、じっくり考え直すことができました。

そこには、次のような説明がありました。

水酸化ナトリウムのpHは13以上、手で触れないほどの強アルカリです。でも、セスキのpHは10程度の弱アルカリ性です。pHは、1違うと、10倍の差がありますから、セスキのアルカリの強さは、水酸化ナトリウムの1000分の1以下です。

洗濯用粉石けんの、標準使用濃度でのPHは10~11くらい、洗顔用石けんのpHも10~11です。これらと比較してみると、セスキのpH10は、洗浄を期待するには、あまりに弱いアルカリと考えられます。

洗濯は全自動洗濯機・・・を用いて、水道水(水温10℃)30リットル、セスキは20g、粉石けん(炭酸塩35%入り)は25g使用しました。

石けんや合成洗剤を使わずに、アルカリだけで洗えるなら、環境負荷も下げることができますが、上で述べたように、アルカリだけで洗える洗濯物は限られており、汚れ物と分けて洗うなら、まとめて石けんで洗った方が、合理的です。

「アルカリ助剤を使った洗濯は効果あるの?」より

引用のPHは、いずれも1%濃度のものと思われます。同じ1%濃度では、炭酸ナトリウムは、11.3くらいになります。PHでセスキとは1.3違うわけですから、引用によりますと、炭酸ナトリウムの方が、10の1.3乗=20倍くらい強い、ということになります。普通の粉石けんには、助剤としてセスキではなく、炭酸ナトリウムが35~40%くらい入っています。

引用内の使用例では、セスキ20gに対して、粉石けんには炭酸ナトリウムが8.7g使われています。

セスキに対して炭酸ナトリウムが単純に20倍だとすると(石けん自体のアルカリは無視できるとして、炭酸ナトリウム8.7gとセスキ20gを比べて)、8.7×20/20=8.7倍粉石けんのアルカリが強い、ということになります。粉石けんの方が8倍以上強いアルカリなのですから、アルカリ洗濯しているのは、むしろ粉石けんの方です。これに比較すれば、セスキはむしろ中性洗濯というべきでしょう。

上の引用文にありましたが、

洗濯用粉石けんの、標準使用濃度でのPHは10~11くらい、洗顔用石けんのpHも10~11です。これらと比較してみると、セスキのpH10

の、「セスキのpH10」とは、1%濃度のことです。水30Lにセスキ20gでは、0.067%になります。1%の15分の1なのです。

粉石けんでの洗濯は、PH10くらい、セスキでは、PH9くらい

実際に、3Lの水道水に、ダイソーのセスキ炭酸ナトリウム2gを溶かしてみました。セスキの濃度は同じ0.067%となります。PHは9.0でした。洗濯している時には、「セスキのpH10」ではないのです。

セスキでの洗濯機洗濯は、石けん洗濯のアルカリ度と比べると、アルカリ洗濯とは言えないのです。

セスキ炭酸ナトリウムは、洗濯機での洗濯には向いていないのです。ざっと考えても、上の例で、粉石けん並みのアルカリ度にするには、8.7倍、つまり170gのセスキ炭酸ナトリウムを入れる必要があることになるのです。(実際にセスキ170gを入れて、石けんと同じPHになるか? 疑わしく思いますが)

重曹だと、1%(水30リットルだと、300g)入れても、PHは8.5にしかなりません。

ここらのナトリウム塩と、PHの関係については、当研究所の

を参照してください。

余談ですが、上記の「洗顔用石けんのpHも10~11」は、誤りです。市販の洗顔用石けんを実際に測ってみますと、8から8.5くらいです。洗 用(固形)の打ち誤りでしょう。

洗濯機でアルカリ洗濯は、炭酸ナトリウムを使うものだけ

セスキ炭酸ナトリウムは、以上のように、アルカリ度が弱いので、肌への刺激も弱く、少量の水で手洗いの場合には、うまく使えば役立つと思います。しかし、洗濯機では、ほぼ中性洗濯になってしまうのです。

洗濯機でのアルカリ洗濯となると、粉石けんにまさに入っているように、炭酸ナトリウム以外には考えられません。しかも、石けんなしの、炭酸ナトリウムだけでも十分きれいになるのです。まさに、「アルカリだけで洗えるなら、環境負荷も下げることができ」るのです。

下に紹介したものは、5kg入りです。送料込みで、2500円くらいになりますが、1日15g使うとして333日、ほぼ1年分になります。(しかも、炭酸ナトリウムは洗濯以外にも、いろいろ役立ちます)

少量で試してみたい、という方には、1kg(メール便)のものもあります。

私はさらに突っ込んで、粉石けん洗濯とは、主に炭酸ナトリウム洗濯ではないか、という気がしてなりません。それほど、炭酸ナトリウム洗濯は、強力なのです。

炭酸ナトリウムの使用量と濁り、PH

炭酸ナトリウムを沢山使えば、それだけきれいに仕上がりそうに思いますが、そう単純ではありません。というのは、水中の金属分(主にカルシウム)が、炭酸イオンと結合して結晶となり、白濁するからです。また、強いアルカリで生地が傷むことも考えられます。きれいに洗濯されれば、それ以上に無駄に入れる必要はないわけです。

ひどく白濁すれば、すすいでも衣料に微量残る可能性があります。使っている水が白濁しにくいものか、また、白濁をどの程度許容できるか、によって、判断は異なってきます。まあ、経験的なものですよね。

もっとも、一定のアルカリ度を超えて、金属イオンが全て白濁してしまえば、それ以上に炭酸ナトリウムを入れても、白濁が増えることは考えられません。が、白濁をできるだけ避けたいと思えば、使用量は限定されてきます。でも、そもそも、日本の水は軟水なので、白濁については、そう心配する必要はないのかもしれません。

実際、2年くらい炭酸ナトリウム洗濯を続けてきて、白濁のために衣類がゴワゴワしてきた、という経験はありません。むしろ、合成洗剤のすすいでも取れない残留分のためだと思いますが、合成洗剤洗濯をしていた時の方が、よりゴワゴワしていたように思います。

炭酸イオンのない水酸化ナトリウムを使えば? という考えもあるでしょうが、水酸化ナトリウムは、劇薬に指定されている、大変危険なものなので、日常の洗濯に使えるものではありません。

普通の粉石けんにも炭酸ナトリウムが沢山入っています。当然、白濁しているはずですが、石けん分の白濁もあるので、混ぜこぜになって、分からなくなっているだけです。

一番良いのは、どれくらいで白濁してくるか、いつもの水で一度試してみることです。ただし、入れてから濁るまで時間がかかります。適当なバケツに水を何リットルか、測って入れて、計量した炭酸ナトリウムを加えて、スプーンなどでグルグルかきまぜます。1時間くらい待って、もう一度グルグルかきまぜてください。その時点で、濁りを判断してください。濁っていなければ、さらに足して、同じようにします。その結果を実際の洗濯水量に換算すれば、洗濯時の状況が推測できます。一度測っておくと、以後ずっと役立ちます。(実際の洗濯で、問題なければ構わないのですが)

関東では比較的水の硬度が高いと言われています。千葉では、水10リットルに対して、炭酸ナトリウム5gあたりから濁りがはっきり出てきます。しかし、さらに炭酸ナトリウムの量を増やせば、濁りがもっとひどくなる、というわけではありません。

4g/水10Lあたりで十分きれいになるし、少しの濁りでは、洗濯物の仕上がりに関係があるようには思えないので、それほど気にしていません。

私は、PH10くらいになる、水10リットルに炭酸ナトリウム4gを、通常の投入量としています。水など、各家庭の事情は違います。実際に洗濯してみて、洗い上がりなどを見ながら、加減していくのが良いと思います。(PH試験紙での計測は、0.5刻みの、それこそ色相見なので、きっちりしたデジタル値ではありません、参考値ていどです)

粉石けんの通常使用量(水30Lに粉石けん30gが普通)では、その内、炭酸ナトリウムは40%含まれているとして、12g。水10Lに換算すると、炭酸ナトリウムは4gです。この辺が妥当なところなのでしょうね。

石けんでも、炭酸ナトリウムがないと、きれいにならない

「粉石けんが少ないときれいにならない」、とよく言われています。しかし、これは助剤の炭酸ナトリウムのことを言っているのではないかと思います。粉石けんの量が少ないと、結果的に助剤の炭酸ナトリウムが少なくなり、PHが下がります。すると、上の引用文にある、セスキのようなことになります。これが、「粉石けんが少ないときれいにならない」の真相かもしれません。

上の引用文にありますように、アルカリ度が足りないと、なかなかきれいになりません。助剤入りの粉石けんを規定量入れますと、アルカリ度は、PH10くらいになるそうです。

(私の、水10リットルに炭酸ナトリウム4gという通常の投入量だと、実は、PH10くらいなのです。これで十分きれいになります。)

無添加粉石けんの方が、助剤入りよりきれいになる、という宣伝文句もありますが、間違いだと思います。例えば、お風呂の固形石けん、液体石けんシャンプーですが、特に夏は体の汚れも多いので、冬に比べると大量に使うことになります。嫌気が差して、シャンプーには炭酸ナトリウムを加え、固形石けんはナトリウムを多めにして手作りしたくらいです。

宣伝文句とは逆に、助剤の入っていない無添加石けんの方がきれいになった、という意見は聞くことがありません。

ですから、むしろ基本は炭酸ナトリウムで洗濯して、場合によって粉石けんを少量追加してより良い仕上がりを目指す、ということではないかと思います。炭酸ナトリウムだけの洗濯に、十分満足していたのですが、ふと思い立って、粉石けんを少量(スプーン1杯)追加してみたら、すぐ分かるほど一段上の仕上がりでした。

粉石けんも、主剤は炭酸ナトリウム

粉石けん洗濯も、主には炭酸ナトリウムできれいにしているのです。そういう意味では、炭酸ナトリウムが主剤で、石けんが助剤なのです。結局、炭酸ナトリウムをPH10になる程度まで入れる。そして粉石けんを少しだけ入れて、さらなる仕上がりを目指す、という方法が石けん洗濯の本来のやり方ではないかと、思います。

粉石けんの洗浄力を、泡の高さで判断している話も、よく聞きますが、疑わしく思います。炭酸ナトリウムが主で、粉石けんを少しだと当然泡は立ちませんが、十分きれいに仕上がります。泡の高さのことは、粉石けんを沢山使ってほしい人たちによって作られた神話、のような気もしますが。(高い泡は、残念なことに、石けん残りの多さにつながるのです) 合成洗剤の宣伝では、もう泡のことなど言わなくなりましたが、石けんも同じことのように思います。

季節にかかわらず、無理やり石けんを規定量入れることで、石けん溶け残りを増やすことになってはいませんか? 規定量入れるのは、炭酸ナトリウムだけだと考えて、石けんはぐんと少なめで、季節などで加減していけば良いのだと、考え直しましょう。

合成洗剤も、炭酸ナトリウムが主剤

そのクサさであきらめた合成洗剤ですが、粉末合成洗剤には、洗剤より多くの炭酸ナトリウムが入っています。

炭酸ナトリウムの含有量は、数値としては、いくら探しても出てきません。石けんではすべて明示してあるのに、なぜ? 何か、わざと隠されているような気がします。

石けんと同様に、合成洗剤でも液体より粉末の方がきれいに仕上がる、という根強い意見があります。石けんと同じように、液体洗剤にも炭酸ナトリウムを沢山入れて流通させることができません。液体と粉末による合成洗剤の洗浄力の違いも、結局、炭酸ナトリウムの量の違いから来ているのではないでしょうか。

例えば、一番人気の粉末洗剤「アタック 高活性バイオパワー」の成分は、

成分
界面活性剤〔23%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム〕、アルカリ剤(炭酸塩)、水軟化剤(アルミノけい酸塩)、工程剤(硫酸塩)、分散剤、蛍光増白剤、酵素

とあります。23%の界面活性剤以外は、77%となりますが、「アルカリ剤(炭酸塩)」=炭酸ナトリウムはそのほとんどだと思われます。ざっと見積もって、60%以上と考えて問題ないと思います。

洗剤使用量

から計算すると、30Lの水で、炭酸ナトリウムは18×0.6=10.8gとなります。炭酸ナトリウム洗濯の30Lに12gに比べると、少なくなっています。でも、もし炭酸ナトリウム含有率が70%だとすると、12.6gとなります。なかなかの量です。いずれにしても、合成洗剤の場合も、主剤は炭酸ナトリウム、ということですね。すすいでも取れない合成洗剤を、わざわざ加えなくても、と考えるのはおかしいでしょうか?

(液体洗剤にもアルカリ剤が入っているものがありますが、大量の水で薄めるため、洗濯水はほぼ中性となります。アルカリの洗浄力は、上のセスキ同様、期待できません。)

粉石けんを減らして、溶け残りの苦労も解消

特に、夏は、衣類が汚れやすいので、粉石けんをスプーン1杯くらい足すのがよろしいかと、思います。冬は、溶けない粉石けんを無理やり溶かすために、お湯を使うとかしないで、冬は粉石けんが不要、炭酸ナトリウムだけで十分、と割り切れば良いのではないかと、思います。

いや、どうしても冬も石けんを加えたいと言う方には、液体石けん(カリ石けん)がよろしいかと、思います。「液体石けんは洗浄力が弱い」という説もありますが、これは、カリ石けんがナトリウム石けんよりどうの、という前に、液体石けんには炭酸ナトリウムを加えにくい、という事情があります。液体石けんに炭酸ナトリウムを少し加えただけで、粘りが出てきます。粉石けん並みに炭酸ナトリウムを加えて流通させるのは無理なのです。

実際、粉石けんの代わりに、液体石けんを少し(コーヒー粉の1人用軽量スプーン1杯)入れて、同様に炭酸ナトリウム洗濯したところ、粉石けんと比較して、仕上がりに遜色はありませんでした。(そもそも、石けんを入れなくても十分な仕上がりなのですが)

石けんは、粉でも液体でも、少しだけ加えれば十分なのです。粉石けんのメーカーにとっては、残念な結論ですが、原料の油も高くなっていると言われる昨今、実際に洗濯している消費者にはうれしい話です。

アルカリ洗濯(炭酸ナトリウム洗濯)、やってみませんか?

特に、合成洗剤で日常の洗濯をしている方は、合成洗剤の害(肌への刺激、ニオイ、洗剤残り、部屋干し臭)がなくなって驚きますよ。低コストで簡単。詳しくは、当研究所別館の記事

炭酸ナトリウムさっぱり洗濯のおすすめ

を参照してください。

炭酸ナトリウムは、合成洗剤と違って、繊維に残ることがなく、水に溶けやすいので、2度のすすぎで、ほとんど全てなくなります。1度目のすすぎ水(排水直前)のPHは7です。クエン酸などの中和剤も不要です。

他に何もいりません。炭酸ナトリウムだけです。少量の石けんは、気分の問題であり、オマケに過ぎません。

合成洗剤をやめて、アルカリ洗濯へ

どうしても合成洗剤を使いたい、という方も、炭酸ナトリウムを基本として、合成洗剤を少し加えるというやり方が適当かもしれませんね。そうすれば、合成洗剤の諸問題も、少し回避できるかもしれません。

実は、合成洗剤は前述したように、投入量を減らしても、すすぎ残りは減らないのです。でも、投入量を大幅に減らせば、少しは違うのではないでしょうか。

毛や絹の洗濯の時に限って、合成洗剤だけで洗うようにされたらいかがでしょうか?

私が合成洗剤を使っていた時は、回りが粉っぽくなるのが嫌で、液体洗剤でした。そのため、余計に、きれいにならない割には、合成洗剤の害だけが目立ったのかもしれません。合成洗剤に戻る気はありませんが。

洗濯機では、炭酸ナトリウムが主剤で、他にお好みで粉(液体)石けんを少量加えたり、加えなかったり、という風に考え方を変えると、心が軽くなり、楽しい洗濯生活が開けてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました