エアコンにプレフィルターで汚れ激減

健康

エアコンは、はっきり言って、汚れとの戦いです。家電と言えば、いろいろな種類がありますが、エアコンほど、汚れやすくて、掃除しにくいものはありません。特に、送風ファンです。簡単に送風ファンを掃除できる機種が、なぜ出て来ないのか?

汚れは、何より健康に悪いです。バイキンやカビが吐き出す有毒ガスを、毎日何時間も吸い続けなければならないのです。扇風機並みに、エアコン送風ファンを掃除できるように、なぜしないのか? この現状だけで、私は家電メーカーに不信感を持ちます。

が、怒っているだけでは、これも体に悪いので、意識をそらせて、エアコンを汚さない工夫を考えてみましょう。

エアコンの上にプレフィルター

家庭用のエアコンといえば、たいがい似通ったもので、まあ、このようなものです。

この一番上、空気の吸込口に、薄い布を載せようということなのです。

フィルターは掃除しやすい

中には、熱交換器があり、そこに空気が送られる際に、熱交換器にかぶせるようになっているフィルターを、空気が通るようになっています。フィルターを通った空気が熱交換器で冷やされ(冬は暖められ)た後、下にある送風ファンで、室内に吐き出される、という事になっています。

エアコン室内機の汚れといえば、室内に浮いているホコリと、そのホコリやもっと細かい有機物、無機物、そしてそれを養分にして繁殖する微生物とその分泌物です。備え付けのフィルターが、大まかなホコリを取りますが、そこを通り抜けたものが、熱交換器に接触します。フィルターは、大抵は取り外して水で洗えるので、汚れが見えたら、水洗いをおすすめします。簡単なことです。(自動清掃機能など無駄なことなので、気がつけば、水洗いすれば済むだけのことです)

「ホコリが落ちるので、掃除機で大まかに吸い取ってから」という説明も見かけることがありますが、そんなに貯める必要はありません。フロントパネルを開けると、フィルターがホコリをかぶって白っぽくなっているようであれば、すぐ取り出して(簡単に取り外せますね)、水洗いすれば良いのです。柔らかい歯ブラシを、専用に用意しておくと、楽です。

これなど(↑)、柔らかくて、幅広く、フィルター洗いにもってこいです。もっとも、この記事の主題=プレフィルターを取り付けますと、付属のフィルターは、ほとんど汚れなくなってしまいます。

熱交換器は意外と汚れにくい

次の熱交換器の汚れは微妙で、冬は熱せられて、乾燥しているので、微生物は繁殖しにくくなっています。また、熱交換器の面積は大きいので、それに当たる空気の速度は遅く、熱交換器に付着する汚れは少ないものです。

夏は、水分があっても、冷たいので、微生物はまた、繁殖しにくくなっています。しかも、夏は室内の湿気が、熱交換器にどんどん結露して、外へ流れていくので、意外と汚れにくく、むしろ、室内空気を水で洗って、きれいにしているとも、言えます。

ですから、夏の終わりに、エアコンを止めて、前のカバーを開け、フィルターを外して、薄い洗剤水(アルミニウムですので、中性洗剤以外は厳禁です)をスプレーし、さらに、水だけをスプレーして洗剤分を流すと、かなりきれいになります。(洗い流すのですから、「エアコン洗浄スプレー」などを熱交換器にかけるのは、全く無意味です。) ただ、どうしても水滴がエアコン下に落ちますから、その対策が不可欠です。

夏場に、エアコンが止まりますと、そこは適度な水分、汚れによる養分、ついでに温度は上がり、微生物には実に快適な状態になってしまいます。そのため、「内部クリーン」という、送風で乾燥させ、少し加熱して微生物を死滅させる機能が、大抵の機種には用意されています。これは、なかなか効果的です。

最後の送風ファンが汚れやすくて、掃除もほぼ不可能

フィルターでも、熱交換器でも取れなかった汚れが、送風ファンを通って室内に戻ります。室内に全部戻ってくれればまだしもなのですが、そうはいきません。

汚れ自体は、入ってくる空気に比べれば(特に夏は格段に)少ないのですが、送風ファンにこびりついてしまいます。この汚れが大問題を起こします。

扇風機でも、体験されていると思いますが、前後のカバーと同じくらいに羽根が汚れているものです。風を送るわけですから、ファンは速度と力で強引に空気を押出します。ただ汚れが当たって付くだけでなく、静電気的な反応も起こして、(下敷きで髪の毛)、こびりつきやすくなるのかも知れません。静電気ということであれば、むしろ、冬の方が送風ファンに汚れが付きやすいと、考えられます。熱交換器による清浄化も働かないですから、よけいです。

冬の間についた汚れに、夏になって熱交換器から湿気が送られてくると、送風ファンに暮らす微生物にとっては、なかなか快適な状態となってしまいます。(そして再び冬には、乾燥、固結し、夏の再活動を待つ、ということになります)

ところが、現在の家庭用エアコンは、ここを掃除することができません。取り外しは、素人にはできないようになっています。奥まった、隠れた所にあって、見ることさえままなりません。取り外せるのは、エアコン清掃の(一部)プロだけです。

送風ファンの清掃機能付き、というのもありますが、実は、ファンの外側をブラシのようなものでなぜるだけです。ファンの内部、ファン1枚1枚の凹み、汚れた空気が最初に当たって、汚れが最も付く部分には、かすりもしません。この清掃ブラシの清掃が、また大変なことになりそうな代物です。こんな無駄なことをしないで、ただ、送風ファンを、簡単に取り外して丸洗いできるようにして欲しいものです。日本の家電メーカーに、それを実現できる技術はないのでしょうか? 多分、SONYがiTuneに負けたように、何かの損得勘定があって、出し惜しみしているだけだと思います。ヤレヤレ。

かなり細かいフィルターが必要

結局、問題は、送風ファンの汚れです。

付属のフィルターでは取り切れない汚れです。フィルターの目は意外と粗いし、しかも、フィルターを通らずに入ってくる空気もかなりある、という構造になっています。

そこで、一番上の空気取入口に、フィルター(フィルターの前にあるということで、プレフィルター)を、しかも、かなり細かめのものを取り付ければよかろう、と思いました。構造を見ますと、一番上に、例えば手拭いなどをおきますと、それだけで、他からは、ほとんど空気が入らないようになっていることが分かります。付属のフィルター取り付け箇所のスカスカ構造を考えると、驚くほどです。

さっそく取り付けてみました。

こんな感じですね。

問題=フィルターの空気抵抗

付属のフィルターはスカスカですが、布1枚(手拭い)となると、はるかに抵抗が大きくて、吐き出される空気の勢いが、かなり弱まります。

でも、付属のフィルターがかなり汚れた状態と同様である、と考えれば、製造設計の許容範囲内ではないかと、思います。空気抵抗は小さいに越したことはないので、手拭い(プレフィルター)は、汚れる前に洗うようにしましょう。(例えば、週1回) シーズン中は、ざっと水洗いで十分だと思います。よく絞れば、湿ったままでもすぐ使えます。カバーを開ける必要もないので、簡単です。

付属フィルターの汚れは激減

付属フィルターが、ほとんど汚れないのを見ると、プレフィルターの効果を実感できます。

フィルター掃除が、手拭いの水洗いだけで済むのは、全く楽ちんです。(高い所なので、足台が必要ですし、転倒に気をつけて!) これで、エアコンが汚れにくく、空気はきれいになるのですから、うれしいですね。

専門業者にお願いするエアコン掃除の頻度も、かなり減らせるのではないかと思います。汚れたエアコンを、この際、無駄な機能のないものに買い替えて、きれいなエアコンでプレフィルターを始めるのも、いいかも知れませんね。

ためになるサイト

エアコンを買う前に知っておきたい一番意味がない「自動おそうじ機能」はコレ! は、必読! 面白くて、ためになります。ぜひ行ってみてください。私としては、「現在の自動おそうじ機能は、全て意味がない」と言いたいです。意味がないどころか、邪魔なだけです。

もともとメーカーでは分解洗浄など考えていないのかもしれませんが、メーカーはシンプルで洗浄しやすい製品を考えてほしいですね。

クリーニングが簡単にでき掃除の頻度も増えることにより、いつもきれいな空気を吸える環境を作ること。購入者にとって本当に必要な機能を開発していただきたいですね

自動おそうじ機能付きのエアコンは、非搭載モデルに比べて内部構造が複雑になるので、専門業者の清掃費は逆に高額になる。

エアコンを買う前に知っておきたい一番意味がない「自動おそうじ機能」はコレ! より

まったく、その通りです! 自分でエアコン掃除に挑戦している者として、「メーカーはシンプルで洗浄しやすい製品を考えてほしいですね」の一言に涙がこぼれそうになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました