料理中の菜箸置き場を自作-便利だね

家事・台所

箸置き、と言えば、日本の文化で、いろいろなものがあります。実は、私は、箸置きには苦労しているのです。ズボラに置いて、ズボラにつかみたいと思うのに、普通の箸置きは、形ばかりしゃれていて、低すぎて、滑りやすすぎるのです。箸を持ち直さないと(本来の作法ではこうなのですが)、置きにくい、取りにくい、そう思いませんか?

箸置き

これが、菜箸(調理用はし)となると、もっと困ります。

皿に置けば滑る

味見などに使う小皿に置いてみると、(調理中は忙しい)滑って流し台に落ちてしまうし、取り上げる時にも、先が流し台に当たりやすいし、転げて落ちやすいので、難儀します。

皿を箸置きにする

箸の先を、他のものに当てない、という目的には、なかなか叶いません。

お玉ですと、小皿は便利ですね。安定しているし、周りを汚さないし、洗い物も小皿1枚で済みます。残念ながら、箸では、こうは行きません。

まな板に置けば、まな板が使えない

まな板は広いので、箸が落ちるということは起こりにくいのですが、箸を取り上げる時に、先が流し台に当たってしまうのは、皿と同じです。

調理中には、まな板を何度も使うので、鍋とまな板とテンポが合うとは限りません。

食事用箸置きは、滑りやすくて、小さすぎる

箸置きといえば食事用ですが、調理用に使ってみると、食事中にも不便なくらいですので、調理箸を機敏に置き取りできるものではありません。

食事用の箸置きに菜箸

滑りやすく、小さすぎるので、流し台に当たらずに置くことも、取り上げることもできません。箸置きがすぐ汚れるし、少しヘマをすると、箸はコロンと落ちてしまいます。

鍋の上に置けば、箸が焦げる

鍋の上というのは、結構安定しているのですが、いかんせん、下はガス火ですので、置いた箸はすぐに焦げてしまいます。

鍋に箸を入れる

鍋に突っ込む、というのは、ズボラな人には便利な方法ですが、これも焦げてしまいます。

チリトリ形式では、箸先が汚れる

菜箸置き、ということで、チリトリのような形をしたものが売られています。置きやすい、取りやすい、というのは良いのですが、残念なことに、チリトリに箸先が当たります。

チリトリ型菜箸置き

洗いにくいチリトリが、余分な洗い物になります。箸先が、どこにも当たることのない箸置きがほしいですね。

菜箸置きには、高さ、重さ、傾きが必要

菜箸置きを、いろいろなもので試してみました。そこで分かった菜箸置きに必要な条件は、

  1. 高さ=片手に持った箸を、さっと置いて、さっと取り上げ、箸先が流し台に当たらないためには、箸が、流し台からかなり(7~8cmくらい以上)離れていることが、必要です。
  2. 安定性=重さがある、倒れにくい、流し台を滑りにくいということです。
  3. 傾き=箸が水平だと、意外と置きにくく取りにくいのです。箸先が少し(5度くらい)下がっていると、置き取りしやすくなります。ただし、角度が大きすぎると、置き取りしやすのですが、箸が滑りやすくなります。5度くらいが適当かと思います。
  4. 箸が左右に動かないように、V字型の溝になっていること。
  5. 置き取りする時は、親指を下に入れて、他の指が上になります。薬指、小指は下がり気味なるので、箸置きの右(利き手側)には何もない方が良いことになります。

というものだと、いうことです。

これを満たせるように、いろいろ試してみるには、0コストの牛乳パックが一番です。

牛乳パックで作った箸置きは超便利

牛乳パックの中には重しが入っています。もらい物の銅製の紙抑えです。見せるほどのものではありませんので、重しの画像は省略します。

牛乳パックで箸置き

牛乳パックなので、失敗すればリサイクルに回すだけです。安心して、いろいろ試してみることができます。試行錯誤の中で、上述の条件も分かってきました。

手前から見た牛乳パック箸置き

ついに完成したものは、大変便利なもので、もう手放せません。この牛乳パック箸置きは、箸先には何も当たらない構造になっているので、汚れません。毎回洗う必要はありません。時々水洗いしますが、時には、リフレッシュのために(更にアイデアを加えて)作り替えます。

他の素材で、きれいなものを売り出してほしい

ただ、最大の問題は、美しくないことです。毎日のことですから、少し残念です。でも、便利さには代えられません。

どこかのメーカーさんが、プラスチックか、ステンレスか、真鍮か、適当な素材で、美しいものを作って、売り出してほしいですね。アイデア料を要求しませんから、お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました